Sunnyday’s diary

49歳で離婚、50代で国際再婚活、アメリカ人の夫との生活

ハワイを離れ本土に移住する人が行く州


f:id:hsunnyday:20240604040412j:image

マウイ島はこんな感じのソーラーパネル付きの家がとても多い

 

夫の長男がとうとうアメリカ本土に家を買った

 

夫の長男はすでに3人の子持ちのガールフレンドと一緒に住んでいるので

 

4つベッドルームが必要で、アメリカ人は子どもと親は別のシャワールームを使う習慣があるため

 

シャワールームも最低でも2つ以上は必要

 

写真で彼が買ったその家を見ると

 

新しい外観も内装も豪華で大きな家

 

3バスルーム、4ベッドルーム…

 

それはどこかというとラスベガス

 

なぜかは知らないがハワイを離れアメリカ本土に移住する人が選ぶ場所はラスベガス

 

すでにハワイからの移住者が多くいるそうで

 

それもあって、ハワイから移住する人はラスベガスに物件を見に行くという話は聞いていた

 

20代後半から30代のマウイ島に住む人たちはハワイの住宅価格が高すぎて、また住宅ローンも7%なのでハワイでは家は買えない

 

なかには超富裕層の子息もいて 親が別荘として持っているハワイの家に住んでいる幸運な若者もいる

 

年収1500万円あってもマウイ島ではローンを組んで家を購入するのは難しい

 

というかハワイでは子どもがいたら、それでは生活がキツイ

 

それが同じ年収でも、ラスベガスだとハワイにいるよりうんとゆとりある生活になる

 

それでもやはりマウイ島で生まれ育ったらマウイ島にずっと住みたいと思う若者もいて

 

たいていは親が土地家屋があり、広い敷地内に別棟の家を建ててもらって

 

その恩恵に預かり生きていくつもりの若者もいるが

 

ハワイは物価がとても高いのにアメリカの中では年収が低いと言われている州なので

 

親の敷地内の家に住んでも、年収は低く物価が高いのでいい暮らしとは言えない

 

昨年のラハイナの大火災で親が家を失い

 

再建の目処がたたなくなった人々は徐々にマウイ島を離れどこかに移住する決意を固めだした

 

その出来事があったため

 

夫の息子はガールフレンドと一緒にガールフレンドの両親の土地にある別棟の家に住んでいたのだが

 

ラハイナの大火災で全て焼けてしまって

 

その後はアパートを借りて5か月ほど住んでいた

 

そして3月にカリフォルニア州に家を見に行き、

4月にラスベガスに行って

 

家の購入を決定してきた

 

夫の息子はもともとマウイ島を離れ

 

本土に移住したがっていた

 

本土のほうが収入が上がるし

 

家はハワイより安く買えるからだ

 

これもハワイに住みにくい原因の一つ

 

しかし彼のガールフレンドは親の家でずっと暮らしたいと言って

 

なかなか意見が合致しなかった

 

それがラハイナの大火災で

 

とうとうアメリカ本土に移住せざる負えなくなり

 

彼にとっては皮肉なことに願いが叶ったという結果になった

 

家庭の経済状況によるけれど

 

中流階級の家の子どもだと

 

ハワイに家を買うのはもはや無理

 

平均で1億3千万円くらいが相場となっているから

 

こんなこと言ったら悪いけど

 

住宅街にはもう築40-50年の古い家がゴロゴロして

 

外観も中も古びているのに一億円超え…

 

コンクリートブロックで出来ている家もハワイの住宅地には多い

 

それがそのままペンキで塗られているのだから

 

日本の住宅に比べると雑だ

 

40年前に本土から来て家を買った近所の人が

 

「あの頃はまだ2000-3000万円で購入できたけど、今じゃもう無理だわ…」

 

というわけで、家も古くなればキッチンやバスルーム、外壁、デッキなどいろいろ修繕が必要になるけれど

 

すべていっぺんにやるには費用がかかりできないので

 

バスルームだけとりあえずとか、外壁だけとかで我慢

 

20-30代の学校を卒業した子どもたちは

 

賃貸すらとても高いので

 

ずっと親の家に親と一緒に住むか

 

ハワイを離れアメリカ本土で自分の実力で

 

生きていくかを選ぶような状況

 

円安でハワイに観光旅行に来れない?

 

いやいやハワイに住む地元の人たちは

 

円安など関係なく

 

一部の超富裕層を除いては

 

ハワイはもともと物価高で生活が大変

 

うちは中流階級の住宅地にあるのだけど

 

近所の人たちで過去にヨーロッパに旅行に行った人の話は全く聞いたことがなく

 

行くとしてもせいぜいアメリカ本土かメキシコ

 

そして今、凄い円安なので

 

この時をの逃がしてはならないかのように

 

あの人もこの人も日本に行くし

 

行ってきた人たちはまたすぐ日本に行きたいと言う

 

コロナ前は日本からハワイに

 

最近はハワイから日本に多くの観光客が来る

 

日本の空き家物件もアメリカ人に人気

 

日本が観光客に愛されるのは素晴らしいことだけれど

 

オーバーツーリズムが起き始めているようなので

 

日本の今後が心配でもある

 

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村